風景徒然

心に残った風景を載せていきます。

ザゼンソウ

この林の湿地にはウスギオウレンとザゼンソウが共生している。
しかしこれほど接近して共演を魅せてくれるとは・・・発見をしたAさんとIさんに感謝・・感謝・・
IMG_0125-s

IMG_0132-s


ウスギオウレン

この林へ来るのは1年ぶりである。心なしか倒木が多く昨年よりも湿地が狭くなったような気がする。
この湿地がいつまでも残ってくれることを祈る。
IMG_0123-s

IMG_0102-s

IMG_0117-s


キレハヒメオドリコソウ

一見ホトケノザかと思われたが葉がオドリコソウのように垂れていて、でも花はホトケノザのように頂上からつんと突き出している。周りにはオオイヌノフグリが咲いている環境である。
初めて目にする野草である。同行のIさんの説明を聞かなければ見過ごしてしまう。
IMG_0090-s

IMG_0088-s



フクジュソウ

花を観られるのは今年が最後になってしまったと話すIさん。
ダム建設用地にかかる為今年中に引っ越しをするそうだ。
今年の春の花見が最後になってしまうのでしょうか、寂しいかぎりです。
IMG_0095-s

IMG_0086-s

IMG_0083-s


イヌノフグリ

道端にオオイヌノフグリが目を惹くように咲いている。
ここにある花がイヌノフグリとIさんに言われ花らしきものから10センチほどまで覗きこんでも肉眼では判別がつかないほど小さな花である。
マクロレンズでそれも液晶表示を拡大して初めて花と認識できた。感覚では1~2ミリほどの花である。
どうも絶滅危惧種になっているようだ。
IMG_0096-s

IMG_0097-s


livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ