風景徒然

心に残った風景を載せていきます。

ショウジョウバカマ

今日は撮影の途中で同行のAさんからショウジョウバカマの花の成り立ちについて説明があった。
その説明について撮影した写真に解りやすいものがあったので掲載します。
1枚目は開花前の蕾の状態です。花茎の頂上に花柄をいくつかに分けて咲く。
2枚目は花びらは6枚ありピンク色雄しべが6本、中心に1本の雌しべがある。花は数個から10個くらいつく
こともある。
3枚目は盛期を過ぎた状態です。なんか物悲しい雰囲気です。
2枚目の写真を見ると花の成り立ちが良く解ります。勉強になりました。
IMG_0145-s

IMG_0146-s

IMG_0147-s

タチツボスミレ2

ここは日当たりの良い藪の中、けっして撮りやすい環境ではない。
3枚目は別の場所での撮影。駐車場のアスファルトの割れ目から顔をだしていた。
植物のたくましさにしばし感動・・・
IMG_0138-s

IMG_0144-s

IMG_0169-s


セントウソウ

ここ数日暖かい日が続いている。いよいよ野草シーズン到来となってきました。
セントウソウ、撮り方の難しい花である。名前の由来もよくわからない。
今回は初撮りということで出来栄えは・・次回にご期待ください。
IMG_0134-s

IMG_0137-s

IMG_0136-s





ザゼンソウ

この林の湿地にはウスギオウレンとザゼンソウが共生している。
しかしこれほど接近して共演を魅せてくれるとは・・・発見をしたAさんとIさんに感謝・・感謝・・
IMG_0125-s

IMG_0132-s


ウスギオウレン

この林へ来るのは1年ぶりである。心なしか倒木が多く昨年よりも湿地が狭くなったような気がする。
この湿地がいつまでも残ってくれることを祈る。
IMG_0123-s

IMG_0102-s

IMG_0117-s


livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ