風景徒然

心に残った風景や四季の野草を載せていきます。

茅葺屋敷

今日は西高東低の冬型の気圧配置で風があって本格的な冬に突入です。
高山方面では40㎝の積雪などとニュースで伝えています。
完全防備で今日は出かけました。
岡崎市の山間部にある茅葺屋敷に行ってみました。
建物の中は五平もちの看板などがあり簡単な食事ができるようです。
撮影中にバスが到着し女性の団体が入って行きました。
観光用に使用されていますがなるべく自然な雰囲気が出るように撮影しました。
IMG_6160_s

IMG_6148_s

IMG_6154_s

IMG_6163_s

IMG_6150_s

IMG_6157_s

IMG_6159_s

IMG_6151_s

IMG_6153_s




浜名湖の夜明け

前々から空気の澄んだこの時季に浜名湖の朝景色を撮りたいと思っていた。
先月中旬から二度ばかり挑戦するも朝が苦手な為行けずにきてしまった。
今度こそと晴天予報の今日行くことができました。
5時半起床し自宅から車で20分そこそこの小さな漁港です。
空が白み始めると少しばかりの漁船が太平洋の漁場を目指して出港してゆきます。
IMG_6137_s

IMG_6133_s

IMG_6129_s

吊るし柿の里を訪ねてⅢ

干し柿の製造も最近は乾燥機を使っている農家が多いということで、天日干しをする農家は少なくなっている。
それでも数件写真に撮ることができた。
次の農家はこんな具合です。

IMG_6107_s


IMG_6105_s


できの良くないものは家で食べるのでしょうか、吊るし方が適当です。

IMG_6103_s


IMG_6069_s


IMG_6108_s


最後に訪れたのはちょっと年期の入った家屋です。
家で食べる分だけ作っているんでしょうか?
おかあさんに了解を頂いて撮影しました。

IMG_6114_s

IMG_6118_s

IMG_6123_s

IMG_6117_s

IMG_6092_s




吊るし柿の里を訪ねてⅡ

次に訪ねたのが最近干し始めた農家です。
さすがに最初の農家と違って柿の色艶がとても良いです。
連柿と言って1列10個つなげた柿を3列合計30個を一組にして吊るしてあります。
3段吊りは見事な風景です。
IMG_6093_s

IMG_6096_s

なかには違う柿も干してありました。
こちらは大分粉が噴いています。
IMG_6099_s

IMG_6106_s

IMG_6101_s

IMG_6102_s

IMG_6109_s

IMG_6098_s

IMG_6104_s

IMG_6091_s



吊るし柿の里を訪ねてⅠ

この時季の風物詩吊るし柿を訪ねて岐阜県〇県市の〇〇良地区の数件の農家を廻ってきました。
1件目の農家で柿の手入れをしているおかあさんに、もう柿の色が陽に当たってくすんできているから撮るならもっと早くこなきゃ・・・と言われてしまった。
11月のうちに柿の皮をむいて干し始めて数日が柿の色が良い時期とのこと、それでも写真を撮らせて頂いて、まだ最近干し始めた農家を教えて頂きそちらへも廻ってきました。
数回にわたって載せていきますのでご覧ください。

IMG_6079_s

IMG_6056_s

IMG_6066_s

IMG_6068_s

IMG_6071_s

IMG_6077_s

IMG_6090_s


プロフィール

enunosekai

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ