風景徒然

心に残った風景を載せていきます。

2013年03月

ハナネコノメ

ハナネコノメはネコノメソウの仲間ですが、白くて可愛らしい花を見ているととてもそうとは思えない。
他のネコノメソウは黄色ぽくていかにも猫の目という感じだが、蕾の状態を見てあ~なるほどと思った。
IMG_0261-s

IMG_0274-s

IMG_0259-s





スズシロソウ

花や葉が春の七草スズシロ(大根)に似ているところから名が付いたらしいが生育する環境はとんでもない山間地でありしっかりと大地に根を下ろしている姿は野生の逞しさを感じる。
IMG_0300-s

IMG_0277-s

IMG_0289-s


ヤマネコノメソウ

ネコノメソウの仲間は種類が多く判別が難しい。ヤマネコノメソウと思われるが図鑑を見るとネコノメソウの中でも一番よく見かけるものらしい。しかしこんな岩場とか決して肥えた土壌でないところによく生育しているものだ。
IMG_0298-s

IMG_0294-s

IMG_0296-s

ミヤマカタバミ

ユキワリイチゲの咲くある神社に一年ぶりに出かけた。
ユキワリイチゲの群生の一角にミヤマカタバミが負けじと咲いていた。
曇り空で気温も上がらないので殆どの花が下を向いている中こちらを見つめる
一輪が目に止まった。
IMG_0326-s

ミツマタ(三椏)

ミツマタは蕾の頃に他の花の撮影で見かけることはあったが開花の頃訪れるのは初めてである。
今回写真教室で撮影することになった。手持ち撮影で雑な撮り方になってしまったのが悔やまれる。
IMG_4982-s

IMG_4978-s

livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ