風景徒然

心に残った風景や四季の野草を載せていきます。

行事

新年を迎えて

明けましておめでとうございます。
昨年中は拙いブログに沢山のコメント、拍手をありがとうございました。
今年もゆっくりですが掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

新年初の写真は今朝5時頃西の方向に見えた少し温かみのある月です。
国立天文台のホームページによると明日1月2日の日の出前の月が2018年最大の満月となるようです。
天気が良ければ明日の朝、西に沈む最大の月が見られます。
そのほか水星や火星、木星など1月は多彩な天体ショーが繰り広げられるようです。
《画像をクリックして頂くと大きくなります》

新年の月-s


岩倉桜まつり

昔の職場の写真仲間と岩倉桜まつりに行ってきました。
岩倉五条川の桜とのんぼり洗い(染めの行程で残った糊を川の水で洗い落とす作業)の実演、山車の見物です。
《画像をクリックして頂くと大きくなります》

のんぼり洗いの作業風景です。

P4020070-s

P4020024-s

見事な枝ぶりです。

P4020048-s

一本だけ枝垂れ桜がありました。

P4020053-s


からくり人形の山車です。

P4020093-s

商家「駒屋」

二川宿本陣から東へ250メートルほど行った所に商家「駒屋」が復元されました。
本陣見学の後立ち寄ってみました。
間口はそれほど広くありませんが奥行きはかなり広いです。
《画像をクリックして頂くと大きくなります》

P2070131-s

P2070124-s

P2070128-s

母屋を抜けると左右に離れや蔵が並んでいます。
奥行きは一番奥の蔵カフェまで4、50メートルありそうです。

P2070125-s

中に雑貨の店があります。

P2070127-s

ちょっと一服にカフェもあります。

P2070126-s

旅籠屋「清明屋」

二川本陣資料館東に隣接する旅籠屋「清明屋」を覗いてみました。
大名が本陣に宿泊する際、家老や上級武士はこちらに宿泊しました。
入口を入るといきなりリアルな人形が出迎えてくれます。
わらじを脱いで足を洗うところでしょうか?
《画像をクリックして頂くと大きくなります》

IMG_7264-s

奥にはかまどがあります。

P2070110-s

P2070107-s

屋敷の奥にはつるべ式の井戸があります。

P2070104-s

二川宿本陣資料館には当時の宿場の様子や旅籠前で客引きをする姿がミニチュアで展示してあります。

P2070082-s

二川宿本陣ひなまつり

二川宿本陣ひなまつりに行って来ました。
日曜日ということで大勢の人で賑わっていました。
昨年と展示方法は大きくは変わっていないと思いますが今年は魚眼レンズを交えて撮影してきました。
少し変化のあるものになったかなと思います。
《画像をクリックして頂くと大きくなります》

入口の梅の花が咲いています。

P2070123-s

P2070085-s

IMG_7260-s

本陣職を務めた馬場家の家紋入りの垂れ幕が出入り口にかかっています。

P2070120-s

IMG_7254-s

P2070098-s

物凄い数のつるし飾りです。

IMG_7256-s

P2070099-s

P2070118-s

本陣の各部屋に所狭しとひな壇飾りとつるし雛が飾ってあります。

P2070122-s

IMG_7253-s


P2070116-s





プロフィール

enunosekai

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ